So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋の新宿御苑 [お散歩]

晴れた日に電車に乗るのはわくわく 
1人散歩は時間に縛られず、気まま。

PB100004.JPG



11月10日は恵比寿記念館見学オフ会の日で素晴らしい秋晴れでしたので
早めに出て、久しぶりに新宿御苑を散歩することに。

PB100011.JPG



門に入る前に菊人形が目に止まりました。
毎年行われる福島県二本松市の菊人形です。

歴史上の人物を菊で飾る特徴的な人形

PB100010.JPG


祖母が好きだったので観に行った事もある二本松の菊人形
観れて良かったです 田舎に帰っていてもなかなか二本松まで行けませんからね

新宿御苑の皇室ゆかりの新宿御苑菊花壇展 (15日まで開催していました)
立派な菊の造形が。

草間弥生かと思って近くまで行ってみると菊
斬新ですね

IMG_4954.JPG


作品は他にも

PB100036.JPG


色鮮やかでした。

IMG_4957.JPG


PB100034.JPG


PB100045.JPG


いろいろ観ているうちに

PB100048.JPG


こっちが入り口でしょうか
逆に回ってきたようでした(笑)

PB100049.JPG


洋風庭園に秋薔薇も咲いていました。
都会の中のオアシスという感じです。


PB100056.JPG


PB100059.JPG



PB100057.JPG


プラタナスは陽を浴びて黄金の輝き

PB100067.JPG



PB100068.JPG


銀杏もあと少しで黄色く色づき、モミジはもっと紅くなるかな

PB100039.JPG


御苑の錦秋の余韻を残しながら大木戸門を出て

PB100083.JPG


恵比寿へと向かいます。

nice!(43)  コメント(25) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京駅ステーションホテルと三菱一号館 [美術]

10月下旬 東京駅

東京ステーションホテルの地下のお店で友人2人と待ち合わせて
3人での女子会。


PA290001.JPG


IMG_4923.JPG


IMG_4924.JPG



リストランテ&ワインバーエノテカノリーオ
北イタリアミラノなどで修業したシェフ栗本さんのモダンイタリアン料理だそうです。

まず 前菜から 野菜が多くて嬉しいです
私だけシャンパンを頼みました。 残念ながら、他二人は呑めないのです。

IMG_4928.JPG


次がパスタ 量が少なめで良い ボロネーゼの塩味タリアッテレ
アルデンテがいいのです。

IMG_4930.JPG


メインはお魚をチョイス
ふわっとした食感と焼き色が食欲をそそる白身のお魚

IMG_4932.JPG


最後にデザートの盛り合わせ
どかっとしたケーキ一個よりも少しずつ色々 がいいのですよね。

IMG_4933.JPG


落ち着いた良いお店でした。ランチは夜よりもリーズナブルなお値段でいただけます。

そのあと三菱1号館美術館へ行くことになっています。
ちょっとした大人の遠足ですね(笑)少なくとも私には。
この美術館へは行ったことがなく、楽しみにしていました。

PA290013.JPG


展示は 「全員巨匠!フィリップス・コレクション展 」 〜2019.2.11まで

米国の私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションは
裕福な実業家の家庭に生まれ、高い見識を持つコレクターのダンカン・フィリップス
(1886-1966)の旧私邸であった場所に位置しています。

コレクションの中核をなす作品群はいずれも質の高いものばかり。

この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等
19世紀の巨匠から、クールベ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派
以降のセザンヌ、ゴッホ、 セザンヌ、ピカソ、ブラックなど75点が展示されていました。

PA290009.JPG


一部コピーのコーナーがあり写真が撮れました。
左のボナールの絵 「犬を抱く女」よかったです。

PA290015.JPG


巨匠揃いの素晴らしいコレクションでしたね
巨匠の絵画の特徴の比較にもなったし、その才能の再確認にもなったし。。


PA290011.JPG


お気に入りの絵画を売りながら買い足したとか。買い戻した物もあるだろうけど。
手放したままの作品もあったでしょうね。

東京駅
この場所を通ると写真を撮るのは慣例です。

PA290004.JPG


PA290005.JPG



オシャレで大人のまち散歩  アートな通り

PA290024.JPG


PA290028.JPG


PA290029.JPG


PA290030.JPG



PA290033.JPG


PA290038.JPG


12月からイルミネーションが輝くのでしょうか 待ち遠しい気がします。

PA290036.JPG


PA290039.JPG


すっかりおのぼりさん

12月に東京駅周辺をまた散歩したいなあ
イルミネーション必須で。。行けるかしらと思いつつ

次回は新宿御苑から恵比寿ガーデンプレイスの1日 予定してます。
そのあとはポルトガルの市電とワイナリーです。




nice!(45)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

ポルト ドウロ川沿いの散歩 [旅日記]

ポルトに着いてランチのあとはポルトの町を夕方まで散歩しました。
川の方を目指しながら

PA140372.JPG



PA140380.JPG



PA140378.JPG


PA140379.JPG


ドアがアートでした。色合いがいいんです ひょっこりはん?

PA140384.JPG


川に出ました。
対岸はワインセラー クルーズ楽しいだろうね
いろんな船が見えるのです。

PA140386.JPG


PA140381.JPG


PA140388.JPG


この日は日曜日で人がたくさんいました。
川の側のカフェは満席に近いです。

PA140402.JPG



PA140391.JPG



PA140394.JPG



PA140398.JPG



PA140399.JPG


ドウロ川では橋がとっても高いところにかかっています。

PA140382.JPG


橋の下を渡って行くクルーズがしたいなと思って
翌日晴れればね。。。

カフェでは甘いケーキを ケーキって注文したらこれが。。ショコラ
真ん中に刺さっていたシナモンは??

IMG_4747.jpg



市電が走って行きます。秋の町に似合う

PA140408.JPG


あちこちで見かける路面電車
それぞれ個性的で町のアクセントになっていました。

PA150421.JPG


PA150424.JPG


PA140406.JPG



どういう建物か此所はどこらへんなのかわからずただ歩いています。
初日だからすみません。

ここはライヴもやってたりするカフェやショップ、ギャラリーのあるビル
とあとで判明しました。若い子がおおかったですね

PA140414.JPG


教会の前に戻りました。

PA150437.JPG


入ってみましょう

PA150432.JPG


PA150434.JPG


教会の前から見下ろす町の夕景がきれいです。

PA150439.JPG


PA150436.JPG


教会もライトアップを

夜の教会.JPG



今夜は何処で食べましょうか
昨日はスーパーで買った物で済ませましたから今夜は美味しいもの食べたいな

PA150446.JPG



このビル 装飾がすごいクラシックでした。アールデコ調

PA150444.JPG


PA150445.JPG


ご飯に入ったイタリアンレストラン
サーモンと海老とマンゴーのサラダがおいしい

PA151097.JPG



黒いのでイカスミと思ったのですがこれは昆布を練り込んだような味でした。
魚貝の刻んだ物が入っていてその出汁がきいていて美味しかった一品

PA151095.JPG


遅くまで開いていたジェラード屋さんでジェラード買って帰りました。
ショッキングな色ですね
甘かった

PA151115.JPG


とても満足してホテルへ戻りました。

翌日は雨の1日となり、市電とワインセラー巡りをしました。

次回から他の記事をはさみながらポルトの旅続けます。



nice!(45)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

列車でポルトへ移動する [旅日記]

ポルトガルの旅の続きです。

リスボンでの3日目 朝からポルトガル第2の都市ポルトへ列車で移動

まだ薄暗い日が昇る前にホテルからサンタ・アポローニャ駅へ
明るいビルがあるなと思ったら豪華客船が停泊中 。
周囲が暗い中、存在感があります。

PA140302.JPG


ポルトカンパニャン行き 午前8時発に乗ります。

2,30分くらいで到着
駅の人影はまばらです。

PA140311.JPG


PA140304.JPG


ホテルに頼んでいた朝ごはん 牛乳とジュース
パンとリンゴが入っています。 大きなわらじのようなサンドイッチ
林檎一個 

朝食.jpg


途中の車窓から
この駅はモダンでした。発車してすぐ次の駅です。

PA140323.JPG


コインブラやアベイロなどを通過 下りてみたかった町ですね

PA140326.JPG


PA140335.JPG


お天気があまりよくないですね 路面濡れているのが見えました。
だいたいこの時期 雨が多いようなのですが。。
ポルトカンパニャン駅で乗り換え

PA140343.JPG


PA140346.JPG


ポルトサンベント駅へ
この駅舎 アズレージョ壁画 で有名 世界で最も美しい駅 
修道院の跡地に建設された駅のようです。

駅1.jpg



PA140350.JPG


PA140351.JPG



ホテルはこの駅から徒歩で。
とっても良く晴れていたけれど北の方にあるせいかリスボンよりも肌寒いです。

スーツケースを転がして急な坂を上りました。

IMG_4725.JPG


この教会の近くにホテルがありました。
教会もアズレージョがきれいでした。

PA140354.JPG


ホテルに荷物を預けてランチです。

始めて日本の味らしい味に出会いました。塩味の焼き魚 ご飯が欲しくなりますね
庶民的な食堂 ビールもいただきました。友人はビールは冷たいといって赤ワインです。
こういう食堂いい 落ち着きます。

PA140811.JPG


この日から全くの自由行動でフリーです。
着いてから行きたい場所などを調べました。
言葉が充分ではないので苦労しましたが携帯があるので検索やナビもできて便利でした。

ホテルの窓から見た風景です。
川の方へぶらぶら行ってみることに。

IMG_4751.JPG


IMG_4752.JPG




nice!(44)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

猫啼温泉に行く [いわきにて]

いわき市から50キロほど 猫啼温泉 魅惑的なその名前 ねこなき
福島県石川郡石川町字猫啼22 番地
そうなんです
ねこなきにゃーにゃーという番地ですよ(笑)

PA260045.JPG


猫好き友人が私に絶対行ってみたいというので行く事に
どうせ猫いないわよ でも温泉だから

PA260103.JPG


田舎町の田畑が素敵
何の変哲もない田舎の風景の中を行きます。
あまり人も車もいないですね というかいません。

PA260035.JPG


石川町に入り、静かな商店街や川べりをぐるりと偵察

PA260047.JPG


PA260032.JPG


PA260065.JPG


普通の食堂でランチをすませたあと、
喫茶店ポエム・ロビーでコーヒーフロートを注文
あ、飲み物の写真撮り忘れました。

昭和の喫茶店でメニューが豊富。
ナポリタンとかグラタンとかカレーとか

IMG_4892.JPG


ゆっくりしたなあ

町立歴史民俗資料館では水晶の展示をしていてパワーの塊のような
原石が。。。残念ながら撮影は禁止でしたが

世界の美しい原石に目が釘づけです。中でも紫水晶がきれい

石川町は水晶が採れる町のようなんですよ
地球の地殻をつくる元素の中で少しの量しか含まれていない希元素鉱物
(レアメタル・レアアース)を数多く産出するする土地
今は鉱山がなくなっているので新しく採取はしていないそうです。

IMG_4894.JPG


近くの水郡線の駅にももちろん立寄ります。  磐城石川駅

PA260049.JPG


PA260048.JPG


この時間 電車が来ない時間帯でしたから駅舎には入りませんでした。
のぞいたところホームもごく普通のホームでした。

近くに鉄橋がありました。
しばらくここで電車を待ちましょう

PA260061.JPG


川面に映った電車撮りたいけど

PA260070.JPG


ぼーっとしていたら、音もなくあっという間に電車が来てしまって。

PA260080.JPG


むずかしいですね
電車の写真

PA260081.JPG


猫啼温泉 井筒屋さん

PA270109.JPG


和泉式部は磐城石川生まれ 
和泉式部が飼っていた猫がそめという猫

PA260056.JPG


PA260091.JPG


温泉旅館の敷地内に式部が髪を洗っていたこんこんと湧く清水があったようです。
今は清水はなくて式部が髪を洗った時に櫛を置いたという石だけがありました。

PA260070.JPG


櫛上げの石 ずいぶん苔むしてます。

PA260071.JPG



式部はそめを置いて都に行ってしまい猫は悲しくて毎日啼いて、やせ衰えてしまったが
この温泉に浸かって美猫になって元気になったという伝説
猫啼温泉の謂れです。

PA260086.JPG


いい温泉ですよ

IMG_4896.JPG



美猫だにゃあ

PA270104.JPG


ゆっくりお湯につかって外国旅行の疲れをリセットしました。

食事もヘルシーコースを頼んでいたのにお腹いっぱいになってしまいました。

PA260098.JPG


PA260093.JPG


猫は飼っていないんですかとフロントで聞いたらいないというお返事でしたが
猫のマスコットはたくさんありました。

12月は恒例の誕生日旅行は無しの予定
都心で美味しいものでも食べて夜景を満喫しようかな

フロントに居た猫ちゃんのマスコットです。

PA260047.JPG




nice!(42)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

シントラ べーナ宮 [旅日記]

シントラの山の上にあるベーナ宮 なんて色がカラフルで可愛いのでしょう。
でも中は? とっても豪華な宝物でいっぱいでした。

IMG_3909.JPG


PA130663.JPG


ベーナ宮に行くためには急な坂道を登りますので途中で観光バスを
降りてさらに宮殿までは小型バスを待って乗って行きます。
帰りは坂道を歩いておりました。歩いても10分かかりません。

天候が怪しくなったので急いで入場 といっても待たされました。
全員そろうのにバスガイドさんが苦労してました。

PA140737.JPG


かわいいどころか怖いところもあってミステリアスです。そこがわくわくします。

IMG_3953.JPG



PA130668.JPG


もともとは修道院で1755年のリスボン地震で倒壊して廃墟となってしまったのを
発見したのが、女王マリア二世の夫でポルトガルを共同統治したフェルナンド二世です。
フェルナンド二世はこの跡地に一目ぼれして、ただちにこの地と周辺を買占め、
残った礼拝堂に合った新しい修道院を再建し、自分のための夢の宮殿を作り始めたそうです。

イスラム勢力が去った後に建てられたにも関わらずイスラム風の丸い塔や黄・赤・紫など
のカラフルさ、そしてポルトガルタイル「アズレージョ」。建築様式には、ゴシック・
ルネサンス・エジプト・アラブなどが入り混じっています。だからとっても面白いんです。

ポルトガル王宮風に豪華さと壮麗さを持つベーナ宮は、
現在もポルトガル大統領が賓客を迎える公式行事の場として使われているそうです。

いくつも部屋があり、素晴らしい調度品
贅の限りを尽くしています。

PA140722.JPG


PA140732.JPG



マイセン

PA140703.JPG


食卓 素敵なお皿やグラスが並んでる。

PA140680.JPG


厨房は今も使えそうな道具がたくさん置いてありました。銅製品ですね

IMG_3949.JPG


陶製の戸棚 重たそう 色合いが織部焼きみたい

PA140705.JPG


装飾を施した螺鈿細工の食器棚と食器 豪華ですねえ


PA140713.JPG



IMG_3937.JPG


他にも数え切れないほどの各国の誇る芸術勢ぞろいです。
日本の菊の御紋もありました。

中庭です。ここはイスラーム様式かな

IMG_3919.JPG



全体像の模型。黄色や赤 おとぎの国のようです。

IMG_3945.JPG


シントラ周辺には廃墟となった宮殿やイギリス富豪の宮殿なども存在するようですが
それらを廻り切るには崖をアップダウンする体力を使うようですね

嵐が近づいているということでした。雲の流れがすごく早い
夜は大雨になり朝まで降っていたようです。
翌日は風もなく晴天になりました。

これでリスボン シントラ観光は終わります。
次はポルトへ移動しました。別の記事を挟みながら続けます。



nice!(39)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

ロカ岬 シントラ観光 [旅日記]

リスボンの市内観光の翌日に観光バスで世界遺産のシントラ その山頂にあるベーナ宮殿 
そしてユーラシア大陸最西端のロカ岬を回りました。

バスの中から撮影
海岸はサーフィン 海水浴などができるところ

IMG_3784.JPG


海沿いの町でトイレ休憩

露店のお店が並んでいます。いいお天気で楽しそう

IMG_3780.JPG


IMG_3781.JPG


IMG_3792.JPG




海は荒れてました
お天気が不安定なのです。
まあそれもドラマチック

IMG_3797.JPG


バスの中からですが。。。
インド人の結婚式か
盛大そう 富豪かな

IMG_3798.JPG


海沿いは富豪たちが別荘を建てたところ
今でもセレヴが避暑に来たりするところみたいですね

お天気の急変が予想されたので回る順序が変更になってロカ岬が一番先になりました。

ユーラシア大陸の最西端の岬ということでたくさんの観光客が。
風がとっても強いです。何故かしら人間は岬に惹かれます。
北海道や房総の岬にも行きましたが風が強く海が遠くまで広がっている。

中には危険な場所まで行って自撮をし、命を落とした人が結構いるそうですね

IMG_3814.JPG


IMG_3817.JPG


ここに地果て海始まる
詩人カモンイスの詩の一部が刻まれた石碑

IMG_3805.JPG


IMG_3810.JPG


ここまで個人で来るのも大変だったので1日観光がついていたのは正解だったかも

食事休憩
シントラの町はとってもきれいでした。世界遺産に認定されるだけありますね。
落書きがないのはほっとする気がします。

町中は観光客でいっぱい 明るい光の中で思い思いに寛いでいます。

IMG_3834.JPG


ここでアズレージョ模様のお土産を買いました。
お土産屋がたくさんありましたからね

お店のおじさんがセラミックだけどって
安いからいいのよって思いました。
部屋に飾りました。

IMG_3841.JPG



PA310001.JPG


町を馬車が走ってくれている
中世のような感じ

IMG_3855.JPG



IMG_3860.JPG



緑が多く水も豊富
家並みもとっても美しくてお金持ちが住みたい気持ちは分かります。


IMG_3869.JPG



IMG_3887.JPG


水を汲む人

IMG_3902.JPG


チボリホテルの中に用意された眺めの良い場所でのランチ
とても重厚な調度品や絵画がある落ち着いた場所です。

PA130582.JPG


PA130585.JPG



バイキング形式でした
野菜と チキンの煮込み そしてお米と。。
嬉しいお米の味

食事.jpg


シントラからベーナ宮殿に向かいます。

このころまでなんとかお天気が持っていたのですがここから大荒れに。。
でもベーナ宮殿は圧巻でしたよ


nice!(37)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

リスボン街中散歩 テージョ川からバイシャ地区 [旅日記]

アルファマ地区でレストランで食事等楽しんで
テージョ川に戻る

PA120142.JPG



ここでも路地が気になって

PA120202.JPG


IMG_4709.JPG



この日は土曜日
川沿い 賑やかです。出店やパフォーマンスなどなど


IMG_4710.JPG


中国人の婦人がイケメンさんに写真撮影をお願いしていました。
いっしょに映るのがお好きのようですね(笑)

PA120038.JPG


川というより海のよう 海につながっているからでしょう

PA120042.JPG


船着き場がある 航海時代の船が発着したところ

PA120210.JPG



美術館にも行きたかったのですが撮り歩く方が先になりました。美術館とってもいい絵が
あったらしいのですが、撮影禁止かもしれないのでね

PA120212.JPG


江ノ島とか湘南にも似ていますね

対岸へ船で渡ってみる町の風景はきれいよとガイドさんに薦められていたので
船に乗りました。


PA120219.JPG



PA120223.JPG



PA120255.JPG


サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジにそっくりな橋

PA120228.JPG


対岸は観光客の多い地域よりちょっと危ない町の雰囲気も感じる下町です。

PA120239.JPG


テラスの椅子のカラフルな色が目につきます

PA120241.JPG


PA120231.JPG


対岸の町 なんと言う名の町だったかな
落書きが続きます。


PA120273.JPG




PA120269.JPG



PA120264.JPG



何が釣れるんでしょう 鰯かな

PA120257.JPG


この日は20,000歩近くあるいてます。


PA120265.JPG


PA120267.JPG


これはとっても力作ですね

PA120268.JPG


帰りの船で戻る頃は夕方4時過ぎでした。
25分船に乗りまた歩きコメルシオ広場からバイシャ地区へ向かって行くとホテルに着くようです。

PA120214.JPG


PA120211.JPG


歩いていても疲れません 大きなショッピングストリート
目を楽しませてくれます。

少し疲れてカメラの充電もなくなりつつあり人も多くなっているので
写真もあまり撮りませんでしたね

途中で見つけた ガイドブックにも載っていた古い展望エレベーター
乗るために料金がいるみたいですね 人気のようですが。

PA130278.JPG


ホテルはロシオ駅という大きな駅のそば
この駅の横にスタバもあります。

ホテルの最上階に眺めの良いバーがありました。
このホテルは地の利がいいのと眺めが良いテラスが取り柄でしょう
残念ながらホテルは業者任せだったので自分で選んでいなかった。
正直言ってサービスは十分ではありませんでした。

時差で胃腸が疲れていますので
この日は夜は軽く
といってもボリュームあるサンドイッチ

IMG_4713.JPG


夜景が本当に綺麗

PA130297.JPG


川沿いとリスボンの町散歩 川沿いの町風景は午前と午後歩いたところが
順不同になっているかもしれませんが頭がカオス状態でしたのでお許しを

また次回に翌日からのポルト散歩を載せる予定ですが、他の記事を挟む可能性ありです。

月末少し忙しくなりますので不定期になります。よろしくお願いいたします。





nice!(38)  コメント(25) 
共通テーマ:旅行

リスボンの世界遺産とアルファマ地区 [旅日記]

今回のコース
着いた日の午前9時から午前中、市内観光が入っていました
夜中に着いたので。。こういうときつらい

ホテルから歩いて20分 観光バスに乗ります。 バスを降りて目に飛び込んだ大きな船は
これはクイーンエリザベス号って書いてある
え? あの豪華客船 すごく大きくて驚きました。


PA120118.JPG


大航海時代の世界遺産を見る午前のツアーです。
日本人が私たち2人で 現地の日本人ガイドさんが着きました。
他の人たちはどこかの国の人 英語かスペイン語か ポルトガル語での説明を
バスガイドさんから聞きます。

PA120031.JPG


ジェロニモス修道院と合わせて、1983年に「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」
として世界遺産に登録されました。
ベレンの塔はテージョ川を監視する要塞で、ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して
マヌエル1世が16世紀初頭に建設
建築様式はマヌエル様式と呼ばれています。中には入らないで写真のみ

ジェロニモス修道院です。

PA120067.JPG



PA120047.JPG


大航海時代
エンリケ航海王子 ヴァス・コ・ダ・ガマ フランシスコ・ザビエルなど偉人たちの
発見のモニュメント

PA120045.JPG


日本は1541年に発見された。

PA120043.JPG


日本にはたくさんのポルトガルの言葉が生きています。
おんぶや抱っこも 金平糖もそうなんだって

この日は晴れて空も海も美しい ポルトガルの空ですね

ジェロニモス修道院は見学なしで 隣のサンタ・マリア教会だけ見学
この教会は聖母マリアを讃えるために造られたそうです。
ガイドさんの説明によるとポルトガルの人はマリア信仰が強いのだそうです。

キリストの結婚 キリストの磷刑 嘆きのマリアなど ドラマチックなキリストの一生が
展開されます。

PA120088.JPG


PA120093.JPG


キリストの結婚

PA120097.JPG


ステンドグラスと装飾と彫刻が細かく 豪華でデザイン的で
石造りの重厚な教会でした。

PA120139.JPG


キリストの磔刑

PA120102.JPG


嘆きのマリア

PA120090.JPG



PA120107.JPG


文人 詩人 そしてバスコ・ダ・ガマのお墓が教会の中にありました。
人が大勢取り囲んでいます
落ち着いて眠れませんよね(笑)

このお墓はポルトガルでは最大の詩人とされるカモンイスの石棺
筆と竪琴がレリーフになっていて大変凝っているんですよね。

PA120115.JPG


ヤシの木をモチーフにした支柱 とっても開放感があります。

PA120073.JPG


PA120081.JPG


願いを叶えてくれる手には人が触っていきます。 私も。

PA120145.JPG


このあとはアルファマでバスを降ろしてもらい、単独行動
川沿いを歩きながら対岸に渡った後、ホテルへ帰ることに決めました。

アルファマ地区は路地と坂道の多い庶民的な町

ランチはこのレストランに決めました。
あっという間に満席となったテラスでビールと蛸を茹でたもの
オリーブオイルであえてあります。
あとはたっぷりのツナと魚介のサラダ マカロニも入っていて多すぎて半分残しました。

PA120127.JPG


IMG_4698.JPG



PA120143.JPG


アルファマ地区を散歩

IMG_4695.JPG


この辺の名物おばさん
日本のテレビでも紹介されたとか

PA120135.JPG


PA120202.JPG



PA120200.JPG



PA120131.JPG


PA120197.JPG


奥まで続いている路地は実に魅力的

PA120133.JPG


PA120132.JPG


絵になるところでした。

このあとはテージョ川に沿って散歩して船に乗って対岸へ よく歩きました。

続きます。


nice!(43)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの海外 ポルトガル リスボン [旅日記]

もう10月の半ばを過ぎて、すっかり秋になりましたね

6月に予約をしていたポルトガルへの旅行に行ってきました。
10年ぶりの海外でした。

PA110001.JPG


飛行機が止まっています。

ルフト.jpg


実は風邪をひいてしまって咳が重症になり中止を考えたのですが
出発前にほぼ回復し行けることになりました。

IMG_4668.JPG


ルフトハンザの機内食です おもちゃみたいな??お寿司つき

IMG_4663.JPG



ドイツのミュンヘンで乗換して夜中にリスボンに着きました。
10/11 羽田を出発して 16時間

10/12 朝

PA120007.JPG


ホテルはリスボンのバイシャ地区にも近い中心部にありましたので

PA120015.JPG


近くにはトラムの発着所が

PA120016.JPG


まあ アートな落書きの多いところでした。

PA120025.JPG


PA120026.JPG


トラムの走る国 坂の多い国 檀一雄の暮らした国くらいしか知らなかったのですが
友人からポルトガルに行ってみたいという申し出があり、ポルトガルの代表的な
観光地リスボンポルトへ一週間の旅

下手くそな写真ですがこれからボチボチと載せていきます。
皆さんのブログにも訪問 nice を開始しつつありますのでよろしくお願いいたします。




nice!(46)  コメント(33) 
共通テーマ:旅行