So-net無料ブログ作成

中央線 高円寺アート [美術]

高円寺 アートな街角

中央線久しぶりに歩いてみると楽しいですね
大道芸も良かったですけどね

落書きが多いんです

P4290089.JPG

P4290097.JPG


P4290131.JPG

P4290077.JPG

P4290155.JPG


P4290100.JPG

P4290096.JPG

P4290130.JPG

P4290099.JPG

いろいろなものがカラフルで面白い 


こちらはタスカフェ 西荻窪です、小さい看板 そして3階ということで
知る人ぞ知るカフェです

最近混んでいます。

P4290150.JPG

P4290149.JPG


17日
土曜日のオフ会 天気予報は晴れですね 今のところですが。
参加の皆様 どうぞよろしく
集合場所は王子駅北口びゅうの前 1時です。


nice!(34)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

ミュシャ展へ [美術]

この日は元職場の同期とランチ女子会の後、六本木へ

ランチは有楽町の交通会館15階の回転するという展望レストランへ

建物が回転して見える景色は変りますが都会の良い眺めです。
くらくらっとしますが慣れます。

お料理も美味でした。

IMG_5697.JPG


IMG_5692.JPG


IMG_5695.JPG

オードブル サツマイモとチーズのタルトです。

IMG_5694.JPG

このあとゆっくり六本木の新美術館で娘と待ち合わせてミュシャ展
娘はミュシャの大ファン
私はチェコの出身であるミュシャが取り組んだ大作スラヴ叙事詩に興味がありました。
紆余曲折を経て海を渡ってきたようですのでぜひ見たいと思いました。


IMG_5699.JPG

チケット売り場は行列していましたが
ふたりともチケットは事前に用意していました。

草間弥生展の方はめちゃ混みのようでした。人気ですね。

IMG_5704.JPG

平日とあってか混雑は予想よりも少なかったです。

IMG_2258.JPG

やはりチェコ出身であるミュシャが祖国のために描いた力作
スラヴ叙事詩は素晴らしいものでした。
争いの場面でさえも美しく描かれていて体の流れるような線 じっと見つめる
女性のまなざしなど印象に残りました。

何枚か撮影できてとても満足でした。

比較的 余裕で鑑賞できました。

IMG_2253.JPG


連休中は混雑しそうですね

観賞後 新宿で飲茶を食べて帰りました。
IMG_5727.JPG


また、連休中は府中美術館の歌川 国芳展 おすすめです
〜5/7まで開催中

府中美術館は公園の中にあるいいところですよ

猫や金魚や花魁がいきいきとマンガチックに描かれる
江戸の浮世絵師 その風刺力やユーモアが今、評価されているようです

IMG_5243.JPG


IMG_5231-1.JPG

IMG_5238.JPG

IMG_5235-1.JPG

色彩もとてもきれいでした。

鑑賞の後はカフェでお茶をしたりゆっくり新緑の府中公園を散歩するのも
いいでしょう
nice!(40)  コメント(28) 

染めの小道 2017 [美術]

新宿区落合 中井周辺は染色産業の中心だったところです。

毎年2月の終わり頃 落合・中井を染め物で埋め尽くすイベントが
染の小道という催しです。

着物姿の人やカメラ片手の方が多く訪れ賑わいます。
2月24日の初日に行ってみました。

川に反物がはためいています 風が強かったです

妙正寺川 
川のギャラリー
P2240012.JPG

P2240021.JPG

IMG_5021.JPG

IMG_5026.JPG

お店に展示してあった 昨年も印象に残った日本人形です

IMG_5025.JPG

染め物の体験が行われていました。

P2240037.JPG

商店街 道のギャラリー ユニークな暖簾展示です
この日のために染めたものだそうです。

P2240036.JPG

P2240027.JPG

お茶で煮た卵のようです。どんなお味なのかな?

IMG_5024.JPG

商店街も頑張ってますよ

P2240023.JPG


さりげなく宣伝

P2240029.JPG

町並みも渋いんです

P2240031.JPG

P2240002.JPG

下落合駅近くには昔ながらの喫茶店も
山ゆりでひとやすみ  昨年は館という喫茶店に行ったけど今回は山ゆり

P2240052.JPG

昔からの染め物の技術 引き継いで行ってほしいですね
撮り歩きも楽しい催しでした。

林芙美子記念館や赤塚不二夫が愛したというぺいざんという洋食屋さんもあって
合わせて行くと良い散歩コースになりますね

----------------------------------------

昨日は東日本大震災6年目の3月11日
時間の経過を考えると複雑な思いが。。今でもなまなましい記憶
とにかく原発事故が大きかった。

昨日の詩人クラブの例会の講演は 講師川口晴美氏「3.11と詩とサブカル」でした。
詩の言葉の大切さを改めて考えさせられました。

-----------------------------------------------

桜の都電 オフ会 4/1 に続く→変更あり


nice!(49)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

府中美術館 ガラス絵展 幻惑の200年史 [美術]

ちょっと前のことになってしまいましたが
府中美術館で開催されているガラス絵展を観に行きました。

公園の中にある静かな美術館です。雨あがり しっとりしていますよ

PC250001.JPG

IMG_4466.JPG

たくさんの画家のガラス絵の展示だけを集めた貴重なものです

>>

ガラス絵展 幻惑の200年史紹介文より

透明なガラス板に絵を描き、反対の面からガラスを通して鑑賞する、ガラス絵。古くは中世ヨーロッパの宗教画に始まり、中国を経て、日本へは江戸時代中期に伝わりました。
 それから、およそ200年。新奇な素材の輝きと色彩が人々の眼を驚かせ、幕末明治期には異国風景や浮世絵風のガラス絵が盛んに描かれました。大正・昭和初期には、小出楢重、長谷川利行という二人の洋画家がガラス絵に魅了されて自身の芸術の重要な一部とし、戦後も藤田嗣治、川上澄生、芹沢けい介、桂ゆきといった多彩な作家たちが取り組んでいます。
 透明なガラス面を通して見える、絵具そのものの艶やかな色の世界。通常の絵画と絵の具を重ねる順番を逆転させる、緻密な計算と技巧。そして、装飾を凝らした「額」と相まって生まれる、きらびやかな存在感。本展では海を渡って日本に伝えられた海外のガラス絵から、近代以降の多様な作品までの約130点によって、見るものを幻惑し続けるガラス絵の魅力と歴史を紹介します。

>>

ガラスの透明感
色の感じ にじみ

エキゾチック ノスタルジックな雰囲気が素敵です。


04.jpg

07.jpg

08.jpg

11.jpg

2月26日まで展示をしています。

-------------------------
館内にある公開制作の部屋は版画でした。

細かい作業です  黒く塗られた爪も 版画の雰囲気と一緒

PC250004.JPG


PC250007.JPG


作品は戦闘的なもの 女性作家です

PC250006.JPG


日がだんだん長くなっていますね。

この後は手紙舎でお茶飲んで

vc17.gif

雑貨も売られていて スイーツも美味しいのです。

vc18.gif

このあとは調布の富士フィルムギャラリーで写真の展示を見て帰りました。


nice!(37)  コメント(15) 
共通テーマ:アート

春いっぱい上野東博 春日大社 千年の至宝 [美術]

上野公園です。
2/2 結構風が強い日でしたが

冬枯れの木々ばかりの中にひときわ明るい一角が
と思って近づくと寒桜でした
満開ですね 花びらも大きくて

FullSizeRender-2.jpg

噴水の前で学生さん 素足で何か食べてた 元気ですね
チューリップも咲いて春気分かな

IMG_4773.JPG

さて、目的は上野公園の中の東博で開催されている春日大社 千年の至宝展

FullSizeRender.jpg

平成館で行われていました。 天井が面白い

FullSizeRender-1.jpg

春日大社のシンボル鹿は奈良公園の鹿に通ずるそうです。
展示物の鹿さんは神々しくてきれいでした。

餌を求めて追いかけてくる鹿も侮れませんね

IMG_4786.JPG

春日大社の持つたくさんの至宝 仏像 刀絵巻等見きれないくらいありました。

社殿も再現されていて拝観できました。

緻密で精巧にできている素晴らしいお宝を見て日本人の技術もすごいものがある
とつくづく思いました。
百聞は一見にしかずですね

行かなければ見れないものばかりだったので展覧会に行って正解です。

ここは本館です。平成館は平成になって建てられた建物でこの奥にあります。

P2020016.JPG

「万燈籠」撮影が可能でした。
平成から今まで春日大社に寄進されたものです。

P2020011.JPG

P2020006.JPG


-----------------------

春を先取りをしたような1月下旬の暖かい日
春のメニューが嬉しいタクティーのランチ お友達と3人で頂きました。

鎌倉の野菜が中心です。

サラダ

P1250164.JPG

色合いも淡く春らしいメニューで
カルパッチョ

IMG_4679.JPG

IMG_4683.JPG

デザートは赤カブをあしらったパンナコッタ
すごくきれいですよね

IMG_4684.JPG

暮れにリュカさん だいずさんと行った中野新橋 のイタリアン
一緒に行ったお友達が今度はご主人と来てみようって言ってました。
シェフの笑顔がとても素敵なお店です。



nice!(49)  コメント(24) 
共通テーマ:アート

ギャラリーを巡って② ブラウロートと創芸工房 [美術]

いわきのギャラリー
ご夫婦二人でやっている対照的なお店を二つ紹介します。

前に杏ジャムのトーストを食べたいわき市泉玉露にあるブラウロートです。

ここは現代的で洋の造りです。

作家さんの展示もやっていますが
アーティストのご夫妻の作品の展示もしています。
今回のテーマは

PIXY レストランにようこそ 毎年やっている催しのようですね
この期間限定のビーフしチューのメニュー等も特別に用意されていました。

DSCF0188.JPG


奥の方にファンタジックな世界が広がる 学芸会の手作りの舞台を思い出します。

DSCF0198.JPG

作品はご夫婦の合作です。 

このテーブルも紙で作ってあります。

DSCF0189.JPG

DSCF0185.JPG

DSCF0182.JPG


DSCF0176.JPG

DSCF0178.JPG


明るい色で子どもも大人もほんわかとした
気持ちになるクラフト作品

アートが身近に感じられたらというおふたりのコンセプトのようです。
微笑ましくて楽しい

シャンデリアも

DSCF0186.JPG

ピアノも紙やガラス玉で作られています。

DSCF0175.JPG


カフェの方でクリスマスの時期だったのでシュトーレンを頂きました。

DSCF0200.JPG

-------------------------------------

こちらはいわき市鹿島町走熊にある
古民家 ギャラリー創芸工房 

DSCF0247.JPG

ここもおふたりでやっています。
ギャラリーはご主人が
隣の雑貨屋とカフェは奥様がやってらっしゃるみたいです。

震災時 古民家が壊れてしまい原発から逃れるためもあり沖縄へ移ったとか
こちらへ戻って家を土台から修理して昔からの古民家を新しくしないで
住んだそうです。

古さの中に素敵な器やその空間に合うものが置かれていて

DSCF0263.JPG

DSCF0248.JPG

DSCF0251.JPG

DSCF0249.JPG

PC170038.JPG

食事もとってもきれいに盛りつけられて出てきました。
すべて体に優しいお料理でした。

DSCF0287.JPG

あたたかい薪ストーブの前でいただきました。

PC170018.JPG


2つのギャラリー 和と洋と 
どちらもちゃんとしたポリシーがあるから訪れる私たちも必ず何かを得て
帰れます。

震災を乗り越えていわきでしっかりやっていく姿を見ると頼もしく感じます
これからも自分の姿勢を貫いていってほしいです

いわきにはこの他素敵なギャラリーが何軒か存在します。

ーーーーーーーーーーーーーー

いわき駅近くのクドーのブラックカレー シンプルですがスパイス効いてます


IMG_4505.JPG



nice!(39)  コメント(22) 
共通テーマ:アート

大川美術館 [美術]

雪を被った山が見えます。

PC180114.JPG

大川美術館は群馬県桐生市の高台にあります。
桐生には3度目の来訪 美術館には2度目となります。

建物も雰囲気もとても良いところ
写真撮影も許可を得ればオーケーでした。

PC180129.JPG

12月18日日曜日
松本竣介と野田英夫展の最終日でしたので
大学生らしいカップルやご夫婦とか展示を観覧している人が
多かったです。
今回、所蔵している松本竣介と野田英夫の収蔵作品全て公開
しているようです。

PC180002.JPG

PC180017.JPG


松本竣介の深い青が好きです。

PC180013.JPG

奥さんや子供の絵も描いています。

早逝してしまって残念なことです。

PC180118.JPG

PC180116.JPG

他にも横尾忠則さんの作品など現代美術の作品もあります。

PC180122.JPG


これは国吉康雄さんの作品だったか 独特の描き方です。

PC180117.JPG

踊り場のステンドグラスです。光が当たるときれいです。

PC180038.JPG

図書室 資料室にはこのような彫刻や仮面などがありました。
館長が集めているのでしょうか  かなりありました。

この仮面はアフリカのものでしょうか

PC180121.JPG


PC180028.JPG


とても暖かい日でした。眺めのいい場所
テラスでのお茶も美味しく飲めるでしょう。

PC180126.JPG

美術館からの帰り渋い煉瓦で出来た味噌蔵 醤油蔵だった
歴史ある有燐館での地元の方の洋服展示や雑貨販売を見て

PC180135.JPG


PC180068.JPG


路地がいいですね
前にも何回かここを通った記憶が

PC180136.JPG

このあと 煉瓦と葱の町 深谷市へ向かいました。

-------------------------------

5日の初詣の際のお札  一楽萬開札
龍神様より最初の楽をいただけるといわれる

この最初の楽を一楽と言い、一つの楽が次の楽を呼び
次々に楽が集まり、「萬の道」すなわち人生が開かれること 
それが一楽萬開

楽とは身や心が楽しくなることであり、
すなわち生活や心身が豊かに健やかになること

玄関に置きました。

IMG_4564.JPG



nice!(37)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

ギャラリーを巡って① いわき回廊美術館 [美術]

いわきのギャラリーは個性的なところが多く
それなりに満足します。

久しぶりに屋外にあるいわき回廊美術館に行ってみました

回廊.jpg

高台にあり眼下は水田
見晴らしは最高だけど自分の周りを風が吹き抜ける

不思議な場所

IMG_4351.JPG

IMG_4341.JPG

崖っぷちにあるからブランコに乗るとかなり宙に浮きます。
勇気がなくて漕げない

IMG_4346.JPG

ツリーハウスが敷地のあちこちにできていました

IMG_4337.jpg

IMG_4338.JPG

暮れていく空はドラマチック
星もきれいだろうな

IMG_4345.JPG

桜が咲く頃もいいですが冬の何もない時も雰囲気の良い屋外美術館です。

スマホで撮影しました。


nice!(36)  コメント(21) 
共通テーマ:アート

上野東京博物館 特別展 [美術]

もう10月下旬の事
夕方から理事会のため いっぺんに都心での用事を片付けようと
朝から出かけました。

原宿で用事を一件済ませて  この駅は古くて味がある
建替前に写真を撮っておきました。


原宿.jpg

早稲田大学にも用事がありさらにもうひとつ寄り道を
久々の早稲田のたかはしで昼食 焼き魚定食です。
もう息子さんの世代になっていました。
なんだか味が変った気がする。


IMG_3627.JPG


いいお天気に大隈講堂もきれいに撮れた
なつかしいですね だいぶ周りのお店が変わっちゃいましたが

IMG_3633.JPG

IMG_3631.JPG


上野公園まで早稲田からバスで行きます。

今日の目的は
仏像好き友人と公園で待ち合わせて。。彼女と行くと解説付きで鑑賞できるほど詳しい
東博で今公開されている

IMG_3653.JPG

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」を観覧すること

櫟野寺(らくやじ)には重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体も。
その数は、優れた仏像が数多く残る滋賀県でも特筆されるそうです。
20体すべてを寺外で展示する初めての機会です。

本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3mもある圧巻の作品で重厚感ある堂々とした姿
美しい顔立ちに見とれました。

uid000067_2016072714400657aed151.jpg

平安の仏像はふっくらとしていて親しみが持てます。

その十一面観音とともに2.2mある薬師如来坐像が並ぶ様子は壮観といえます。
仏像信仰が熱かったんですね

他にも、11体の観音や、毘沙門天立像、地蔵菩薩坐像なども出品されています。

image.jpeg

お寺が改装中のためこちらでの公開をしているようですので現地までなかなか
行けないのでチャンスです。

写真撮影オーケーのものがあったので撮影

IMG_3643.JPG

12神将ですね 斬新な装いです。色が褪せていますが派手な色合いだったのでしょうね

IMG_3647.JPG

博物館の庭もきれいです。

IMG_3652.JPG

色々見て歩いて目と足が疲れました。

IMG_3654.JPG

公園を抜けて

上野の大仏も見ました 震災で頭だけになったとか
頭だけでも大きいですね

IMG_3656.JPG


不忍の池の近くの出口を出てコーヒーを飲んでひと休みです。
韓国の方がやっているカフェでした。

韓国のお菓子珍しい
もちもちしている韓国のパンケーキ 美味しい!!
優しい甘さ 疲れが取れる 
おすすめです

IMG_3661.JPG

このあとは友人とともに本郷での理事会に

NPO主催のイベントも成功
あっという間に11月もおしまいになります。


寒くなりました。空気が乾燥しているので風邪を引かないようにしましょう。



nice!(29)  コメント(20) 

善福寺トロールの森 11/23まで 於西荻窪 [美術]

朝 地震がありました。何度も続くので注意が必要ですね
気をつけましょう
ーーーーーーーーーーーーーーーー
秋はアート関連の催しが多いです。

2016年11月3日から23日まで杉並区の善福寺公園を中心に開催されている
トロールの森
アップが遅くなっちゃいました。明日までです。

善福寺公園 西荻周辺  野外展示や舞台等 多彩なアートに出会う事が出来ます
毎年この時期に行われています。

駅にも表示がありますね バスの中から写しています。もやっと写っています。

PB080070.JPG

西荻窪は古い商店街が残っている町なんです。

PB080069.JPG

秋が深まる善福寺公園を中心に散歩がてら 作品を観覧しました。

ここから右回りか左回りで出発です。

PB080089.JPG

天気がよくなかったです。毎年そんな感じです。
画像が暗いです。

PB080075.JPG

桃井四小の生徒の足型をとっています。 未来へと歩む足跡ですね。

PB080092.JPG

これは池のカモ 作品ではありません(笑)

PB080118.JPG

土の上で遊泳? カモはわかるけどエイが公園に
タイトル 遊泳 もうひとひねり欲しかったかな

PB080134.JPG

電球を通じて映る公園 雨の雫に見立て 黄色や橙や青などがありました

PB080158.JPG

池と戯れる巨大なドラム缶です

PB080151.JPG

様々なオブジェが風景に溶け込んでいました

PB080153.JPG

PB080121.JPG

白い球体は音を形にして
遅乃井滝の水音のイメージ

もうちょっと芸術的な撮り方したかったけどね

PB080109.JPG

PB080110.JPG

映り込むものは? ガラスの水たまり

PB080100.JPG

公園からちょっと離れた場所の遊工房にも作品がありました。

PB080172.JPG

アートの意味は無理に求めません
その意外性を楽しむものかなと

公園も秋の深まりを迎えていました。

PB080082.JPG

PB080111.JPG

PB080170.JPG

もうすぐ冬が来る

PB080165.JPG

PB080166.JPG

暖色系に会うと嬉しい 鮮やかですね あったかくなる

PB080148.JPG


nice!(31)  コメント(24) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る