So-net無料ブログ作成
いわきにて ブログトップ
- | 次の10件

車窓からの景色 [いわきにて]

いつ梅雨が明けるのでしょうか? とても蒸し暑いのにね

昨日人間ドックに行ってきましたが半年前よりも数値が良くなっていました。
でも体重減らさないとね

夏が近づくと海の話題が多くなりますね 
ブログを見ていると海が出てきて。。

いつも列車の車窓から海が見えるのは茨城に入るころ

ちょうどtakenokoさんのブログにコメントしてました。

IMG_2181.JPG

車窓からの景色は走るように過ぎていきますが

IMG_0463_2.JPG

春 夏 秋 冬 晴れた日 曇った日と海は様々な表情を見せてくれます
写真はスマホで撮るしシャッターを押すと途端に風景が変ってしまったりで
あまり上手に撮れません


この写真は冬が近づいているころです。

IMG_0465_2.JPG


IMG_1645.JPG

うみうみ.JPG

こちらは一番最近の7/16の海 いかにも梅雨の空模様でしょうか

7月16日の海.JPG


そして駅 勿来駅

IMG_1648.JPG

ハワイアンズのある湯本駅です

IMG_0544_2.JPG


春夏秋冬で空や海の感じが違います。

土浦周辺に広がる7月のレンコン畑です
まだ白い花少しだけ見えるくらいです

はす.JPG

ーーーーーーーーーーーーー
車窓からではなくあまり人のいない海を潮の匂いを感じてみたくなりました。
そう思ったので帰省したときに出かけてみました。

バスでいわき駅から行ってみました。

いわきの水族館アクアマリンが見えますが見晴らしがいまいちです。
小名浜港近くのららみゅう 観光物産センターです
眺めの良いところです。
IMG_1972.JPG

一階がお土産屋さん

IMG_1977.JPG


震災後 最近になって客足は戻っていると思いますが
宮城や新潟 北海道のお魚が多くなっているのでは?

IMG_1976.JPG

以前は心配なくぱくぱくいわき産のお魚食べていたのですが残念です。

帰りはバスで泉駅まで
そこから電車でいわき駅に戻りました。電車結構待ちました
乗った途端に雨が。。。

少し疲れました
小名浜の町中でバス停も迷ったし 電車も待たされたし
やはり車の方が便利なところなんですね。
つくづく分かりました。

IMG_1978.JPG

実家では自転車ばかりで歩かないので電車とバスを使って小名浜まで行ってみたのですが。


ーーーーーーーーーーー

時々食材等を買い求めにいく店善林庵の雑貨コーナーに並べてあった手ぬぐいです。
カラフルで目に留まりますね プレゼント用に今度買ってみよう

IMG_1711.JPG

いわきにいる時は
外でのランチがたまの楽しみ

とりあえず
ラトプのお寿司やさん たむらの海鮮チラシ上

IMG_0989.JPG

中華料理 四川 担々麺 ぴりぴり山椒が効いてます

IMG_1001.JPG


このふたつ  最近印象に残ったお昼ご飯


nice!(38)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

平城アートアクアリウム [いわきにて]

うっとしい日が続きます。

6月の帰省は中旬ごろでした。

いわき市のシンボルは海 灯台

IMG_1966.JPG

前回の帰省の際には平城内濠である丹後沢公園に行きました。

今回は丹後沢公園側の平城本丸跡地でのイベント
平城 アートアクアリウムに出かけてみました。

IMG_1930.JPG


急な坂を上がったところが平城の跡

IMG_1881.JPG

IMG_1894.JPG

IMG_1896.JPG

IMG_1899.JPG


IMG_1906.JPG

お城はありませんがいくらかの石垣やお堀は残されていて
城のあった場所には庭園と旧仮藩庁が残されています。


IMG_1916.JPG

平まちなか復興まちづくり計画推進プロジェクトチームの方が
城の歴史を説明の後 周りを案内してくださるのです。

ガイドさんが説明してくださるのは18,19の2日間のみなので
19日に出かけました。

IMG_1910.JPG


江戸時代 磐城平城は初代鳥居忠政が慶長8年に築城完成まで12年かかったそう。
家康の命により伊達氏への備えとしてのお城だったといいます。

本丸にあった美しい3階櫓は戊辰戦争敗戦で焼失してしまい
二重三階で高さ13m 約6m四方程度の建物だったということです。

説明の後 周囲をガイドさんにより案内してもらいました。

昼なお暗い白蛇堀
水手曲輪の溜池として籠城の際の生命線となるものでした。
不気味な感じがしますね
白蛇が棲みついていたと謂われています。

IMG_1919.JPG

白蛇堀に注いでいる湧水
今でも湧いているということですがあまりきれいに見えないんですよね
覗いてみたわけではないのですが。。

殿様がお茶を点てた際に使ったと言われます。

IMG_1888.JPG

物見櫓から見る平の街です 低い山に囲まれた盆地です。

IMG_1921.JPG


石垣跡 (園外)この石垣が残された数少ないお城の名残ですが震災で半分以上崩れたと
いうことです。

IMG_1923.JPG



園内にはアートアクアリウム展示として旧藩庁の建物内等で

金魚展

ポスター可愛いです。

IMG_1938.JPG

IMG_1939.JPG

販売や

IMG_1957.JPG

金魚ねぶた 作るの難しそう

IMG_1940.JPG

生け花や書道など かなりレベルの高い作品ですね

IMG_1944.JPG

IMG_1942.JPG

IMG_1950.JPG

IMG_1954.JPG


手作りの平城模型 良く作りましたね  迷路のように入り組んでいるんですね

IMG_1946.JPG

IMG_1947.JPG

立体で見るとイメージも湧きました。細かいです。

ビニール傘に花を咲かそう

IMG_1960.JPG

IMG_1963.JPG

涼しげな展示の数々に

IMG_1964.JPG

目を楽しませていただきました。

7月には ハワイアンフェスティバル 8月には 平城 願いの花束などの
イベントもあり10月には一夜城として平城復元のイベントを開催するそうです。

平城が影形もなく実態にないものとしてあまり市民のなかにも
定着していなっかったと思いますが城下町としての歴史を知る
いい機会と思います。





nice!(38)  コメント(12) 
共通テーマ:アート

丹後沢公園 [いわきにて]

梅雨に入り紫陽花やどくだみの花が咲き誇っています。
お散歩の途中で見かけることが多くなりました。

P6050053.JPG

P6050003.JPG

先日 いわきの実家に帰っていた時にまだ行ったことのない北口から10分の
丹後沢公園に行ってみました。

南口には駅ビルや商店がありますがこちらは静かなものです
駅を抜けて北口の方に出ます。


IMG_1652.JPG

IMG_1653.JPG

IMG_1704.JPG

いわき市平は城下町 佐々木蔵乃介さん主役の映画「超高速!参勤交代 リターンズ」
の舞台となりました。

今はお城の跡はほとんどが残っていません。わずかに石垣等残すほどです。
この辺りの住所は平旧城跡となっていますが住宅が目立ちます。

丹後沢は昔 本丸と二の丸 三の丸の間の内濠だったところ

IMG_1658.JPG

400年前、内濠にしようとして何度も堰を築いても大雨で崩れてしまい
占い師の言った言葉を信じ人柱をたてた
95才の老人 丹後が人柱となり完成を遂げたとのこと

今は沼の周囲には遊歩道もあり 憩いの場となっている

というところです。

IMG_1702.JPG

沼が主役ですが5月から6月周りを黄色い菖蒲が覆っています。
しーんと静まり返っているので駅からあまり離れていないのが不思議なくらいです。

IMG_1680.JPG

黄色い菖蒲の花が柵からはみ出しそうです


IMG_1673.JPG

IMG_1676.JPG


ハルジオン(春紫苑)  花言葉は追想の愛だそうです。
雑草としてあまり好かれていない花かも
ここでみると可愛い花です。

IMG_1675.JPG

周りが木や草が繁っていて暗く感じます。
黄色の菖蒲が無いと寂しい公園でしょうね

ぐるっと遊歩道を登っておりて沼の周り回ったら
線量計のある広場に出て

やはり東京より高いですね

IMG_1687.JPG

その横に住宅地に続くのか?興味深い道がありましたが
迷子になると困るので入り口まで戻って出ました。

ひとりだけ帰りにすれ違ったおじさんがいるだけ。
どきっとしました。

IMG_1688.JPG

IMG_1678.JPG

明るい場所に出てほっとひと息

駅にひたち号が止まっています。

IMG_1706.JPG

常磐線と磐越東線が通っています。
良く聞かれるんですが新幹線の駅ですかって?
新幹線の駅ではないのですよね

いわき駅から上野までは2時間15分ほど 高速バスだと東京駅まで3時間半かかります


駅ビルのイタリアンレストランでランチ
イタリアンレストランで野菜カレーです

野菜の素揚げがのっているやさしい辛さのカレーでした。

IMG_1707.JPG


nice!(36)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

磐越東線小川郷駅と太古のロマン [いわきにて]

いわき帰省の時
阿武隈ゆうゆうラインとも呼ばれる磐越東線小川郷の駅を訪ねました。
無人駅ですがどことなく暖かい雰囲気が漂います。

小川郷1.JPG

駅舎
小川郷.JPG

いわき駅方面ホーム
小川郷駅ホーム①.JPG

郡山方面ホーム
小川郷駅ホーム2.JPG

小川郷5.JPG

小川郷7.JPG


駅舎の中もアットホーム
絵や本が

小川駅.JPG

小川郷6.JPG

詩人の草野心平の産まれ故郷ですが
小川町には草野心平記念館もあって数回訪れています。

草野心平.jpg

ホームに行く通路です。草野心平の詩や子どもの絵等がありました。

小川郷2.JPG

小川郷3.JPG


おすすめの見学スポットのひとつとして
大久町の2つの施設紹介します。太古のロマン感じられます。
夏は少しは混むかと思われますがGW連休明けは静かでした。

アンモナイトセンター

8,900万年前のアンモナイト等の化石が集中して発見された地層をそのまま建物で覆った施設と隣接する屋外体験発掘場からなります。
8,900万年なんて気の遠くなる話です。

館内は、アンモナイトについて紹介する導入展示ゾーンと、現代から遡り時間旅行するタイムスリップゾーン、約700㎡に及ぶ露頭観察ゾーンや情報検索システム・観察テレビガイドがあり、当時いわきの海に棲息していたアンモナイトを始めとする太古の生物の化石が掘り出されたままの状態で観察することができます。

また、屋外体験発掘場では、化石の発掘体験を定期的に実施しているのです。
 

アンモナイト1-1.JPG
アンモナイト.JPG

IMG_1467.JPG

アンモナイト化石.JPG


アンモナイト1.JPG

海竜の里センター

海竜の里説明.JPG

アンモナイトセンターにも近いですが
フタバスズキリュウやイワキクジラなどの貴重な化石が多数発掘された大久川沿いにある、
化石や石炭産業についての博物館です。
屋外に展示されているたくさんの恐竜模型
大きいですよ

遊具もあって子供達が遊べる
この日は天候も悪く閑散としていて海竜も寂しそうでしたが。

等身大でしょうか 迫力ありますね

海竜の里4.JPG



海竜の里1.JPG



海竜の里10.JPG

海竜の里7.JPG



2月にできたとまとランドいわきが経営する四倉インター近くの食と農の体験ファーム
ワンダーファームへ行こうと出かけたのですが定休日でした。
直売所のトマトや野菜をみたかったのですが残念でした

では四倉港道の駅へ
道の駅は震災の影響で半壊して2012年にやっとリニューアルオープンしたとのこと
ここで地元のお土産を買いました。


二階にある海カフェでの
チャパタがとても美味しかったです。

四倉道の駅2.JPG



四倉チャパタ.JPG


いわき 元気になって 

四倉道の駅1.JPG

ーーーーーーーーーー

5/22に関係しているNPOで主催したイベントが明治大学であり集客がけっこうありました。
主催者としては嬉しい限りです。

総会の後
今回は震災が及ぼす精神的影響に付いて精神科医の蟻塚亮二医師からお話を伺ったのですが
震災のみならず精神的に受けた心の傷というものは深く長いケアが必要ということ
つくづく思い知らされました。原発の被害より避難された人々も様々な精神的疾患を持っている
その事例をお聞きして。。複雑な気持ちになりました。

http://www.support-fukushima.net/news/160525.html
nice!(30)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

海と山のギャラリー巡り [いわきにて]

18才で上京してからは年に2、3回帰省したけれど私は故郷の町中をあまり知りません。

最近は月に2回は帰省するため町中を自転車等で走り回るようになりました。
美術館のように作品が並んでいた喫茶ブルボンを後にして(なかなかの芸術品でした)

ピクチャ 3.jpg

ピクチャ 4.jpg


ブルボンの近くですが
コールピットという写真ギャラリーがあります。
小さな写真ギャラリーですがとても良い展示をしているんですよ

モノクロの展示でした。写真撮影オーケーでしたので撮らせていただきました。

これらの写真は合成ではなくすべて実写だそうです。西荻窪の方で骨董好きの方らしい
ですね。


IMG_1461.JPG

IMG_1458_2.JPG

IMG_1455.JPG

IMG_1457.JPG

これらの作品 空想力がなければ作れない写真ですよね
物語性があってとても素敵です。

IMG_1456.JPG

途中 つつじに黒揚羽が止まっているのを見かけて。

P1330531.JPG


大盛り屋 変な店 やってるみたい 誰か入っていったようですからやっているようですね


P1330525.JPG

昔からある商店が多いですね
こういうお店はお客さんよりもお茶を飲みにくる近所の人が多いのですよね

P1330527.JPG


翌日
親とか友達とかと昔はよく行った海へ
海は地元の人にとって身近な遊び場であり 漁業や飲食業などの仕事の場だったんです。

四倉港あたりです。

海.JPG

海1.JPG


震災後変ってしまいましたね
そう 防潮堤の建設により無味乾燥なつまらない景観になってしまいました。
そばにあった家や商店は別の場所に移るか津波でなくなりました。

山の方
時季の森というギャラリーカフェでお茶を。

このログカフェはすごいところにあった
山の中の奥の方に

時の森.JPG

時の森④.JPG

IMG_1404.JPG

時の森②.JPG

時の森①.JPG

珈琲も美味しく感じました
隠れ家ですね

時の森3.JPG

緑の空気が吸えてよかった 気分転換になりました。
町中からちょっと車を走らせると畑が広がり 山の緑も

海も良いけど山もね 少し故郷を見直しました。
いわきって広いです。これからも帰省はたびたび続くので
少しづつ いろんな穴場を見つけたいです。


nice!(36)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の10件 いわきにて ブログトップ
メッセージを送る